コラム

光学ディスプレイの縁の下の力持ち”光拡散フィルム”

「拡散粘着フィルム」は、基材を使わず粘着剤だけをフィルム化した製品のラインナップのひとつで、粘着剤に拡散粒子を混ぜたものを塗工した製品です。

光拡散機能を活かしLCDのバックライトの光源を均一に発光させたり、モアレを防止する役割で、主に中小型のLCDで多く採用されてきました。その後、一時は中小型ディスプレイにバックライトを持たない自発光タイプのOLEDが台頭してきたことで需要が減少しましたが、表示特性向上における縁の下の力持ち的な役割は変わらず、ZACROS(以下,当社)では幅広いヘイズのラインナップを継続的に取り揃えています。

それでは、当社のラインナップをベースに、拡散粘着フィルムの種類や選定時の注意点をご紹介します。

拡散粘着フィルムの種類

拡散粘着フィルムを構成する要素は「粘着フィルム」「拡散粒子」「ヘイズ」の3つに分けられます。これらの要素を組み合わせることで、さまざまなニーズに対応することができます。

①ベースとなる粘着フィルム

chart_拡散粘着フィルム.png

項目単位測定条件POL-443POL-204
測定時の粘着層厚み μm 25 25
ヘイズ % 0.5 0.6
全光線透過率 % 91.9 91.8
対ガラス粘着力 N/25mm 0.3m/分 15.5 25.3

② 拡散粒子の種類

粒子径の代表例=2μm、5μm、7μm など

③ ヘイズのラインナップ

実績=20~75%、試作実績としては80%(その他についても応相談)

拡散粒子選定の考え方

①モアレ対策

モアレとは、規則正しい繰り返し模様を複数重ね合わせた時に、それらの周期のずれにより視覚的に発生する縞模様のことで、干渉縞とも呼ばれます。画像処理でも画素を縦横に周期的に配置して表現することからモアレが発生する可能性があります。拡散粒子を使うと、光の直進性をある程度コントロールでき、いわゆる「ぼかし効果」でモアレ防止に使うことができると考えられます。

chart_拡散粒子径大.pngchart_光拡散効果.PNG

上図のように、モアレ防止には粒子径が大きいものの方が効果が大きくなるケースが多いと言えます。

②光拡散効果

一方、光拡散効果だけを考えると、粒子径が小さいものの方が、光拡散効果は大きいと言えます。

chart_光拡散効果.PNG
同じヘイズの場合、粒子径が小さいものの方が添加量が少なく済むためベースとなる粘着フィルムが持つ粘着力などの特性に及ぼす影響が少ない効果もあります。

まとめ

上記のように、モアレ=干渉縞対策と光拡散効果に対しては、拡散粒子径の大きさはトレードオフとも言える関係にあります。その為、ヘイズ値に代表される光拡散効果と、粒子径で表される光の直進性コントロールによるモアレ対策のバランスを取った拡散粘着フィルムの選定が効果的になります。

今後、ディスプレイは用途がますます拡大し、様々な種類や表示モードが採用され、より明るく高精細なものが増えていくと考えられます。
光拡散粘着フィルムは表示特性に決定的に影響を及ぼすものではありませんが、拡散粘着フィルムは仕上げのひと工夫に役立つアイテムとして注目されている製品です。

当社ではベースとなる粘着フィルムの粘着特性と粒子径の組み合わせで、さまざまなヘイズ値のご要望にお応えしております。
当社ホームページ記載のもの以外にもご相談に応じますので、ぜひお問い合わせください。

粘着フィルム一覧:https://electronics.zacros.co.jp/product/adhesion-film/
粘着剤     :https://electronics.zacros.co.jp/product/adhesive/
お問い合わせ  :https://electronics.zacros.co.jp/contact/