保護フィルムの記事

  • 保護フィルム

10.5世代パネルで真価を発揮する「2,500mm幅偏光板プロテクトフィルム」

テレビ・パソコン・スマートフォンなど、私たちの身の回りにある「画面」は年々大型化が進んでいます。特にテレビ画面は大型のものが普及しており、それに伴って偏光板といった部材も大型のものが求められているのです。そこで本コラムでは、10.5世代パネルで真価を発揮する偏光板PF(プロテクトフィルム)の市場動向や、画面大型化に伴う2,500mm幅偏光板の必要性と効率的な採り合わせについて解説します。 偏光板とは 偏光板とは、ディスプレイから発する光の振動の方向を整えるための部材です。例えば、テレビやパソコンなどのディスプレイに偏光板が装着されていなければ、画面は真っ白な光を放っているようにしか見えません。しかし、偏光板を装着することで光の振動が一定方向に整えられ、人間の目で映像をとらえられるようになります。パソコンで仕事をするときや、テレビ番組や映画のような娯楽を楽しむときなど、偏光板は私たちの日常生活に欠かせないものだと言えるのです。 偏光板については、「偏光板保護フィルムとは?その必要性から保護フィルムの選び方までを解説」にて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてください。 10.5世代パネルに合わせて大型化する部材 近年、テレビなどのディスプレイサイズは10.5世代パネルと呼ばれ、大型化しています。また、大型パネルの採り合わせの効率を向上させるために、ディスプレイを構成する部材も同時に大型化しているのです。ここであらためて、10.5世代のサイズを確認するため、第6世代からのサイズを表で再確認しておきましょう。 第6世代1,500×1,800(mm)第7世代1,870×2,200(mm)第8世代2,200×2,400(mm)第9世代2,400×2,800(mm)2,450×3,050(mm)第10世代2,880×3,130(mm)第10.5世代2,940×3,370(mm)第11世代3,000×3,320(mm)第12世代3,350×3,950(mm) 偏光板幅の効率的な採り合わせ それでは、「偏光板幅」の採り合わせについて見ていきましょう。 偏光板は、ロールtoロールや、ロールtoパネルで製造し、最終的にパネルのサイズに合わせて裁断されます。その際、効率の良い採り合わせとして、以下のようなパターンが考えられます。 サイズパターン2,500㎜65インチ×3面65インチ×1面+43インチ×3面75インチ×1面+55インチ×1面110インチ×1面 など2,300㎜43インチ×4面65インチ×2面+43インチ×2面55インチ×2面+32インチ×2面 など1,500㎜55インチ×2面65インチ×1面+43インチ×2面43インチ×2面+32インチ×1面 など 今後の画面の大型化や採り効率の面を考慮すると、2,500mmの採り合わせの効率が重要視されていくでしょう。 2,500mm幅の偏光板PFの必要性 主力となるテレビ画面向けパネルのボリュームゾーンとしては、32インチから43インチへ、55インチから65インチへのシフトが進行しています。そして、10.5世代パネルで利用される部材において、真価を発揮するのが2,500mm幅の偏光板PFです。 上記の表のように、65インチであれば、「65インチ×3面」といった形で採ったり、大型サイネージ向けとしての110インチが1面採りできたりすることからも、2,500mm幅は出荷面積ベースの増加が予想されます。 このような市場動向から、2,500mm幅の偏光板PFの必要性がうかがえるのではないでしょうか。 そのため、藤森工業では『偏光板PF(プロテクトフィルム)』においても生産ラインを新設し、2,500mm幅ラインナップを追加しております。 藤森工業が高品質な偏光板PFを製造できる理由 藤森工業では、高品質な偏光板PFをご提供しております。 昨今のディスプレイの大型化に対応するためには、パネル部材の新たなラインが必要ですが、同時に製造工程における難しさも考慮しなければなりません。 例えば、偏光板の製造サイズを2,300mmから2,500mmに拡張する場合、ライン搬送や延伸、塗布工程などにおいて、品質担保を含めた製造難易度が急激に高まります。 藤森工業の偏光板PF製造では、「クリーン度クラス100」および「クリーン管理4原則」を徹底した作業環境のもと、さまざまな生産条件に対応できる継続的な技術力向上に努めております。 また、厳しい品質保証体系にて品質管理を行うことで、均一な品質を確保した「2,500mm幅『偏光板PF』」の新たなラインナップを増やすなど、高品質な製品の製造を実現しているのです。 藤森工業では「粘着フィルム/粘着剤」「剥離フィルム」なども提供 藤森工業では、「偏光板PF」のほか、「粘着フィルム/粘着剤」「剥離フィルム」などの製品につきましても、さまざまなタイプでのご用意がございます。偏光板PFにつきましては、2,500mm幅に対応可能です。また、粘着フィルムや剥離フィルムにつきましては1,400~1,500mm幅までの対応となりますが、市場の要望に合わせた性能カスタマイズを武器に製品展開し、お客様のご要望に合わせてご提供いたします。 粘着フィルム/粘着剤 粘着フィルム/粘着剤は、液晶ディスプレイや有機ELディスプレイなどの部材を固定するための粘着製品群としてご提供しています。 粘着製品は、光学粘着や拡散粘着などを含め5つのタイプをご用意し、お客様の製品に最適なタイプをご提供いたします。 また、粘着製品のご提供形態についても、テープ形状や粘着剤などでの提供が可能です。粘着フィルムについては、「粘着フィルム」にて製品の特徴や機能・用途事例を紹介していますので、参考にしてください。 剥離フィルム 剥離フィルムは、剥離剤を精密かつクリーンにコーティングした製品です。 基材や剥離剤の種類、処理面などをお客様のご要望に合わせて選択できます。 剥離フィルムについては、「剥離フィルム」にて製品の特徴や機能・用途事例を紹介していますので、あわせて参考にしてください。 まとめ 近年、ディスプレイサイズは大型化し、偏光板PFといった部材も大型化されたものが求められています。なかでも、2,500mm幅の偏光板PFは、10.5世代パネルで真価を発揮するでしょう。藤森工業では、2,500mm幅の偏光板PFはもちろん、粘着フィルムや剥離フィルムなどの部材につきましてもご提供可能です。 お困りごと、ご要望がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • 偏光板
  • ディスプレイ
  • 保護フィルム

5G向け材料開発の課題と新製品開発への挑戦の取り組み

スマートフォンの性能の進化には驚くばかりです。古い人間であるわたしは、手のひらに乗る端末でテレビの画質を大きく超える動画を編集して配信する時代が、生きているうちに来るなんて思ってなかったので、驚くほどの進化なのですが。 スマートフォンの小さなレンズでも、動画でさえ明るくくっきり撮れます。高解像度で長時間撮影もメモリ量によっては可能でしょう。それを編集することも手間は別にすれば今のスマートフォンはそれほど苦にしなくなりました。 でも、不満はあります。 まずは、バッテリーの持ち時間。日々改良がおこなわれているはずですが、自動車用のナトリウムイオン電池や固体リチウムイオン電池の話題は聞くものの、わたしはスマートフォン向けの大幅容量アップの話題をキャッチできておりません。 次に、スマートフォン使い過ぎによるギガ不足、通信速度制限。わたしは楽天モバイルを使っておりますがパートナー回線では5GB/月で制限されます。先日、少々の動画を送ると制限されてしまいました。 ギガ不足は現時点の4G LTE通信の設計による限界でもあり、5G通信では、通信速度、遅延、同時接続数を大幅に改善する規格ということから、通信速度制限なんて必要としなくなるものと考えます。 次世代=5G通信での課題 バッテリーの持ち時間についても貢献したいのですが、本ブログではサービスが始まり対応端末も増えてきた5G通信の話題を続けます。 5Gでは、ミリ波帯といわれる今の5倍から10倍ほど高周波となる周波数帯を使うことで通信速度が改善されます。しかし、それだけでは策定された5G規格の速度には届きません。その電波を複数束ねるなどいくつかの技術の組み合わせで実現を目指しています。さらに、アンテナが受けた電波を処理されたデータを高速でスマートフォン内に送る必要もありますので、あらゆる電子基板の高速伝送が必要となります。電子基板の高周波化が必要です。 高周波化すると、その信号波は山が小さく間隔も狭くなります。そのため信号を送る銅の表面の粗さや絶縁体の誘電特性によっては、信号波が鈍って、ちゃんと信号が伝わらなくなります。伝送損失が小さいことが求められ、絶縁体は低誘電なものが求められます。スマートフォンでは、小型軽量が当然であり、曲げられるフィルムタイプ電子基板であるFPCが多用されています。絶縁体はさらに曲がることが必要であり、表面がつるつるな銅箔としっかり密着することが必要です。 実用化されている技術として、低誘電である液晶ポリマー(LCP)フィルムによるFPCがあります。LCPは加工時の熱で柔らかくなりすぎると言われています。そのためにさらなる微細配線化は難しく、その太さの配線幅で使える範囲で使用されています。そのためより微細で高周波伝送が可能な基板材料が求められています。 次世代製品作りへの挑戦 まず、表面粗度の小さい密着しにくい銅箔へ密着し、これまでよりも低誘電な絶縁材料が必要です。そこで、低粗化銅箔に低誘電絶縁材料をコーティングし、その絶縁材料面を高耐熱の絶縁フィルムにラミネートするという設計をしました。現在、この構成でロール品を試作中です。 絶縁体の部分が、コーティングで作った層と高耐熱絶縁フィルムの層との積層体となります。この積層された状態で安定した誘電特性を保証しないとなりません。安定した精密コーティングはお任せください。 また絶縁フィルムへのラミネートは高温高圧が必要ですが、培ってきたラミネート技術で取り組んでおります。 コーティング技術とラミネート技術に材料技術を加えて次世代の製品づくりに挑戦 当社の品質保証体制があればこそ、次世代に必要とされる特性をもつ製品が社会に貢献できると考えています。その特性を発揮できる材料技術を、コーティング技術とラミネート技術を組み合わせて、お客様にとって使いやすい製品づくりに挑戦中です。 本コラムの内容は開発案件です。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。 【電子部材営業部 コラム担当】

  • 5G

CONTACT お問い合わせ

事業・商品・サービスに関して
お気軽にお問い合わせください。
3営業日以内にご連絡いたします。